More Info
イラスト作者・asahaさんのサイトにリンクしています琉球少林流空手道月心会久我山支部は、
井の頭線久我山駅から3分の久我山会館で、土曜日の午後に稽古しています。

久我山支部の特徴は、子どもと家族が多いこと。
空手未経験のお父さま、お母さまと一緒に稽古に来る子も多く、中には3世代の家族も。3歳から70歳までが、久我山会館でともに空手の稽古に励んでいます。一人で稽古に来る女性もいます。

空手道入門の目的はさまざま。礼を学ばせたい、ずばりダイエットのため、強くなりたい…など、本当にいろいろな人がいらっしゃいます。
でも、初段をとり黒帯になる頃には、元々の目的にかかわらず、礼も身につき、体も絞れ、ケンカはしなくなる…というのが“一般的”な傾向です(強い人ほど日頃はおとなしいじゃないですか!)

空手というと、激しい突き・蹴りをイメージする人も多いかもしれませんね。でも「空手に先手なし」という言葉どおり、本来は攻撃より防御が主体の武道です。
日々の稽古も、組手より型・技の時間が長いのですが、日常動作であまり使わない動きも多いので、最初は筋肉痛になるかもしれません。


<久我山会館・クリックで拡大>
月心会の特徴の一つが古武道。
空手のほかにヌンチャク、トンファー、サイ、棒や杖などの古くから伝わる武術・武道を学ぶこともできます。また、上のイラスト(asahaさんありがとうございます)にもありますが、板や瓦などの試割をする機会もあります。

「稽古はきびしく、遊びは楽しく」。地域の学校行事参加、本部大会、合宿のほか、ご家族を交えてのバーベキュー大会など、空手抜きで楽しく参加できる、楽しい集いの時間もあります。もちろん参加は自由です!



…やっぱりトップページだけでは、支部の雰囲気は伝えられませんね。さらに知りたい方は
↓このボタンをクリック!
More Info




アクセスカウンター
琉球少林流月心会空手道 東京西地区本部 久我山支部
見学・入門